上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普通自動二輪の卒業検定がおわり、はれて卒業しました。

まぁへたなままでしたが、なんとかなった。

あとは実家へ帰って、免許更新をするだけなのですが・・・

始めは重かったCB400もだいぶ慣れたころなのに、もう乗れないのがちょっと残念。

快適な乗り物でもないけど、楽しかったです。

バイクは買う予定ないので、心残りもあるけど。

まぁそれだけですが。

あとは学校の課題をやるのと、母校に行って教育実習のあれこれをするくらいか・・・

どーでもいいけど、

ランダウの統計が異常に意味不明すぎて泣けてきた。

ランダウの力学ですら難しいと思ってたけど、あんなレベルではないです・・・・
ひとつでは、とてもテキトーで何の規則性ももたないように見えても、それがたくさん集まると見えてくる規則性があります。

一体全体なんなんでしょうか?

中心極限定理とかなんとかだっけ・・・

ただあくまで全体的にみるとという話なので、一つ一つのものに着目すると、あるひとつがとても周りから外れて稀有な存在になっていたとしても、そのひとつのことも他と等しく考慮に入れて物事を考えます。

すると全体的な性質が失われてしまう可能性がある気がします。たくさんのものを見ていないと。

本当にたくさんのものを見ることが出来るのならば、その稀有な存在というのをすべて含めたうえで、全体的な性質が見えてくると思うのですが・・・現実はそうはいきません。

限られた数のものから何らかの規則性を見つけないといけない。その時あまり一つ一つのことにこだわるのは、逆に規則性を見つけられなくなる。

なにを言いたいかさっぱりだと思う。。。

まぁ結局は実験のデーターがガタガタの数値のせいで、マクロ組んで数値だけを単純に追って分解能を出したら、残念な結果になっただけです。


何が正しいかわからないけど、何が間違っているかはわかる。

それを根拠に人は判断しているのではないのだろうかと思う。

本当に正しい選択(そんなものがあるのかは疑問だけど)は有限個しかも、相当程度に限られてるように思える。だから正しいことは見つからない。でも間違っている選択はそれ以外の、無限にあるのだから、間違っていることを見つける方が簡単。

ってそんな現実逃避的なこと考えても、レポートは終わりません・・・・



最近ゲームと勉強しかしてなく、世の中のことがさっぱりわかりません。

何かとても世事に疎い状態になってます。

なんとなく今やってる物理の勉強って厳密性がどこにもないなぁと思う。

基本的に適当だなぁと。

失敗していたと思った実験のデータに相転移時のエントロピー変化がちゃんと記録されていた・・・

ただ2次相転移じゃない相転移らしきものが・・・1次相転移なのか・・・まじ無理だよ・・・

帰ってきて寝落ち⇒徹夜ルートにまた入りました。

時間が欲しいです・・・

夏休み中にバイクの免許をホントに取りたいです・・そんなことばかり最近考えている。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。