上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が読んだライトノベルでお勧めなのを、いくつかあげてみたいと思います。


狼と香辛料
戯言シリーズ
文学少女シリーズ
わたしたちの田村くん
電波的な彼女
半分の月がのぼる空

まぁこのへんですかね。
感想とか書くの苦手なので、リンク張っときました。
明らかに手抜きですね汗 ごめんなさい

でももしよければ、見てください。
どれも面白いので、ぜひ読んでみるといいと思います。
スポンサーサイト
冬休み中にですね、文学少女シリーズの本編の最終巻を読みました。
前々から、第7巻までは読んであったんですけど、最終巻だけは何故か読んでいないことに気づいて急きょ本屋へ行き購入しました。

読んでみての感想はですね。
今までの話で謎になっていた部分が明らかになり…さらには、やっぱりというか心葉は遠子先輩のもとへ行くんですね。読んでいて、今まで感じていたわだかまりの様なものがすっと溶けていくような感じがしました。竹田さんが流人くんを刺したシーンで涙腺が崩壊気味でした。
後はホントに良かったとしか言えません;;

どーでもいい個人的な意見ですが、私のお気に入りのキャラは美羽でした。
世間では遠子先輩の人気が高かったようですが…

なんだか、美羽だけには幸せになってほしいと切に願っていました。




テーマ:雑記
ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。